スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
血液型について
アクセス解析によると、ここ二日ほど【バーディーバー】で検索してこのブログに来てくださっている方が激増しております。
しかし、オレのブログなんぞ見てもたいした知識は得られず、「な~んだ」とガッカリして帰られた方がほとんどではないでしょうか。
ブログの管理者としてそれではあまりにも悲しすぎるので、今日はせっかく早く学校から帰って来れたことですし、少し血液型について調べてみました。

あまりにも長いので、追記に記しておきます。
【バーディーバー】についても載せてはおきましたが、あまり詳しく調べることはできませんでした。
ですが、よろしければ見ていってくださいね。

さて、知ってのとおり、血液型は【A型】【B型】【O型】【AB型】の4つに分かれますね。
血液型は、赤血球の上の抗原の種類で分けられます。
なお、血液中の抗原はアルファベットの大文字か小文字で表され、現在46種類が知られているそうです。
で、赤血球の上にある抗原が【A抗原】ならばA型、【B抗原】ならばB型、【A抗原】と【B抗原】がどちらも無い場合がO型、【A抗原】と【B抗原】が両方ある場合がAB型となります。
で、なんで血液型が合わないと輸血ができないか、ということなのですが、実はこの抗原が関係しています。
血液中には、もうひとつ、【抗~抗体】というものがあります。
厳密に言うと、この抗体は血清の中にあるとのことです。
A型の血清中には【抗B抗体】、B型の血清中には【抗A抗体】、O型の血清中には【抗A抗体】【抗B抗体】の両方があります。
AB型の血清中にはどの抗体もないようです。
で、たとえばA型の人にB型の血液を輸血するとします。
すると、A型の血清内の【抗B抗体】が入ってきたB型の血液に反応し、B型の赤血球を壊してしまいます。
専門的に言うと、「溶血」という現象が起こるわけです。
簡単に言いますと、赤血球の細胞膜を破っちゃうわけです。
そうすると、赤血球の中身が出てきてしまい、赤血球は死にます。
これが実際に起こると、人体に致命的なダメージを与えることになります。
ゆえに、血液型が合わない人には輸血ができないのです。
ちなみに、先ほど書いたようにO型の血液には【A抗原】も【B抗原】もありません。
O型の血液が誰にでも輸血できるといわれるのは、このためでしょう。
抗原が無いので抗体が反応せず、溶血も起こらない、ということです。

さて、血液中では【cDe】のように抗原が並んでいる(規則性があるのか、適当に並んでいるのかは不明。でも、おそらく規則性あり)のですが、この抗原の並び順が【-D-】となることが、ごくまれにあるようです。
【D抗原】の両隣に、何もないということらしいです。
この、『何もない』というのを表す記号『-』を『バー』と読むのが【バーディーバー】という血液型のようです。
そして、さらにバーディーバーについて調べてみたのですが、いかんせん資料が少ない!
【バーディーバー】で検索しても出てくるのは個人的なブログばっか。
専門的なサイトさんとかは出てきません。
いかに【バーディーバー】が希少な血液型か、ということでしょう。
なので、残念ながらあまり詳しくは調べることができませんでした。
【バーディーバー】について知りたくて来た人は、期待はずれでしょうけど許してくださいな。

さて、血液型の話を続けたいと思います。
次は【Rh】についてです。
血液内に抗原がある、と先ほど書きましたよね。
この抗原のうちの【D抗原】が関係します。
この【D抗原】がある人は【Rh+】となります(以下【プラス】と表す)。
【D抗原】を持たない人は【Rh-】となるわけです(以下【マイナス】と表す)。
この【D抗原】は免疫原性が非常に強く、マイナスの人にプラスを輸血すると、たちまち【D抗原】に対する抗体、【抗D抗体】が作られます。
この【抗D抗体】は、次回の輸血で【D抗原】のある血液を破壊したり、【D抗原】のある赤ちゃんを妊娠したときに赤ちゃんの血液を破壊したりします。
このため、マイナスの人には必ずマイナスの血液を輸血しなければならないのです。

えー、それでは最後に、珍しい血液型をいくつか載せておきます。
詳しくは調べられなかったので、名前だけ載せることにしますね。
またアクセス解析の結果次第で調べるかもしれませんが、とりあえず今は名前だけ・・・

Bombay型(ボンベイ)
para-Bombay型(パラボンベイ)
Rhnull型(アールエイチナル)
Rhmod型(アールエイチモッド)
Fy(a-)型
Di(b-)型
Jr(a-)型

などなど。

それでは、ずいぶん長くなってしまいましたが、今回の血液型についての話は以上です。
ここまで読んでくれた方、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
【 2007/02/02 14:47 】

つぶやき | コメント(15) | トラックバック(0) |
<<相手が悪すぎました・・・ | ホーム | そんなこんなでテストでした>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2007/02/02 15:21 】
--- ---

感謝です。
今、医龍見てて気になったとこですが、
だいたい理解できました。
ありがとうございます。
kara * URL [編集] 【 2007/11/01 22:56 】
--- ---

とても分かりやすかったです?Z?ナ
上に同じく * URL [編集] 【 2007/11/01 23:02 】
--- ---

医龍みててきになり、ここにたどり着きました。
難しいけどちょっと分かった気になりましたw
ありがとうございます。
おれも * URL [編集] 【 2007/11/01 23:04 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2007/11/01 23:05 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2007/11/01 23:09 】
--- ---

こんばんは。
私も医龍を見てバーディーバーを検索してこのホームページを拝見しました。わかりやすい説明ありがとうございます!すごく興味があるので、今度さらに詳しく調べようと思っています。
Me * URL [編集] 【 2007/11/01 23:30 】
--- ---

私も『医龍組』です。笑
神炎鳳さんすごすぎます!よくぞここまで・・・
ここまでたどりつき、ようやくぐっすり眠れそうな
爽快な気分です(*^_^*)
ほんとにありがとうございました。
なな * URL [編集] 【 2007/11/01 23:31 】
--- 有難う。 ---

「医龍」を観ていて気になった故、調べた所でたどり着きました。参考になりました。有難うございます。
因みに自分はAB型のRH-です。貴重なんですかね?
知美 * URL [編集] 【 2007/11/01 23:59 】
--- ---

医龍組ですw

ちなみに私も稀血扱いですw
Di(b-

とかなんww
いど * URL [編集] 【 2007/11/02 14:51 】
--- ---

私も「医龍」を見てバーディーバーが気になり、ここにたどり着きました!
とてもわかりやすく書いてあって、すぐに理解できました☆
ありがとうございました^^
のん * URL [編集] 【 2007/11/02 18:33 】
--- ---

「医龍」、ビデオ録りしてるもんで
今見てここに来ました。
そのほかの部分もとても分かりやすく
なんかずいぶん得した気分です。
どうもありがとうございました(●^o^●)
もりか * URL [編集] 【 2007/11/02 22:04 】
--- ---

医龍からです^^
私もRh-B。妊娠してわかりました。
確か2万人に1人の割合です。出産後、すぐにガンマグロブリンという注射をうちました。
-D-、何万人に1人なんでしょうね。
詳しい情報ありがとうございました。
にこ * URL [編集] 【 2007/11/03 11:47 】
--- ---

私も医龍見てこちらにきましたw
ボンベイブラッドって20年以上前に赤いペガサスっていう漫画で読んだことがあります。
野口教授 * URL [編集] 【 2007/11/03 12:15 】
--- ---

こんにちは。
医療関係のことについて調べていて、ここにたどり着きました。
とってもわかりやすくて、ためになりました。
これからも頑張ってください。
春絵流 * URL [編集] 【 2007/11/03 21:33 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://phoenix827.blog77.fc2.com/tb.php/104-67e041ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。